ASVエーミング作業(機能調整)

ディーラーでしかできなかった
ASVのエーミング作業をサポートします

近年のクルマはシステムの複雑化が進んでおり、同時に整備作業も複雑化しています。飛び石で割れたクルマのガラスを交換や破損したバンパー交換をするにしてもASV車ではカメラや超音波センサーがついているので、ただ取り外し板金して交換だけでは済まされません。当社では今までディーラーでしかできなかったエーミング作業(自動ブレーキの再調整)のサポートをしています。法人様向け価格をご用意しておりますので、気軽にご相談ください。

どんな時にASVのエーミング作業が必要ですか?

  • 調音波センサーのついたバンバー(レーダー・センサー)
  • フロントガラスの交換(カメラ)
  • フレーム修正を伴う板金塗装(レーダー) など

法人様のエーミング作業請負しています

エーミングが必要な時代へ

車両によって装着されているセンサー・ソナー・カメラが異なるため、料金は車種または、エーミング対象により違ってきます。政府が国内で販売される新車を対象に、2021年度にも自動ブレーキ機能の搭載を義務付ける方針を固め、ブレーキ性能は国連の専門部会が決めた国際基準を採用することになりました。今後は特定整備(分解整備)の場合はエーミングが必要となります。

エーミング作業に関して問い合わせる

まずはお問い合わせだけでも!気軽にお電話ください!